The Imaginary Girlfriend – A Memoir

掃除をしていたら出てきた、昔読んだ本。

ジョン・アーヴィングは「ガープの世界」から好きだった作家。そのアーヴィングのメモワールなのだが、高校時代、私もレスリングをしていたのでそのつながりでも愛読し、いままで数回の引越しの際にも処分を免れて今に至っている。

改めてページをめくってみてびっくりしたんだが、アーヴィングもdyslexicだったんだ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s