John Marshall v. Thomas Jefferson

800px-John_Marshall_by_Henry_Inman,_1832
No, this is not James Garner

アメリカの最高裁は、ジェファーソンのフランス贔屓に見られた政界における急進派への抑えとしての存在意義に立脚して、その憲法上の地位を獲得した。

初代最高裁長官だったジョン・ジェイはハミルトンと共にフェデラリスト・ペーパーの執筆者だったし、またニューヨークの資産階級を代表する保守派だった。

連邦派打倒を目論んでいたジェファーソンにしてみれば、まさか同郷バージニア州出身の第3代最高裁長官、ジョン・マーシャルに足元をすくわれるとは思ってもみなかっただろうな。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s